回胴黙示録カイジ3-解析情報。天井情報、設定判別

パチンコ・パチスロ機種情報

サイトマップ

トップページ> 回胴黙示録カイジ3

回胴黙示録カイジ3 -解析

☆基本情報☆

スロット台

安定感 ?
瞬発力 ?
爆発力 ?
メダル持ち ?
設定判別 ?
朝一狙い ?
天井性能 ?
ゲーム性難易度 ?

※ S(良)→E(悪)で評価

AT(黙示録モード)で出玉を増やすタイプ
ボーナス非搭載

★AT(黙示録モード)概要★
・1SET:30G〜 +α
・黙示録モード→ストーリーモードの順で展開
・継続率管理(ストーリーモード):最大80%
・上乗せ特化ゾーン搭載
・レア子役等の成立で上乗せ抽選有

→詳しい情報はコチラ←

50枚平均ゲーム数:約?G

設定 AT確率 機械割
1 1/299.1 97.1%
2 1/285.7 98.7%
3 1/270.3 100.6%
4 1/256.0 103.0%
5 1/227.0 107.3%
6 1/197.1 112.4%

☆子役確率☆

☆ボーナス確率☆

☆打ち方☆

☆天井詳細☆

☆動画詳細☆

☆設定判別☆

☆設定変更時☆

☆総評☆

【2013年9月28日現在】
導入からもうすぐ一ヶ月が過ぎようとしている当機種
解析情報詳細もちらほら出始めてきましたね。 まず管理人が実際に打ってみての率直な感想としては、通常時のメダル持ちが異様に悪い点です。まー、ゴッドほどではありませんがそれでもちょっと悪すぎるような感じがします。(平均:1k30.4G)
またAT中のベルの戻しが7枚なのでイケイケ感が損なわれているように思います。
ただ今作から搭載された『レア役RUSH』はポンポンレア役が成立していくのは爽快感があります。(弱チェリー一個だけとかの経験はありますが(笑)
AT中は通常の上乗せはあまり期待できないのでいかに上乗せ特化の『限定じゃんけん』や『レア役RUSH』に入れれるかが大量出玉の鍵になってきます。
特に『レア役RUSH』は平均200G以上獲得できるという事なので注目したいです。

【2013年8月10日現在】
ロデオの人気機種『カイジ』の続編が登場!!
今作はAT特化型タイプになり、前作のRT機とはかなりスペックが変わりギャンブル台に仕上がっています。
擬似ボーナスが無くAT特化タイプになりますので、AT仕様が好きな方には嬉しい仕様に。
個人的にはRT機で良かったんじゃ・・・と思いましたが時代の流れには勝てませんね。
また、本機は前作同様リールを液晶化している為、レア子役出現率を自在に変化させる事が出来ます(内部的はフラグは一定)

Copyright 2013  スロカイ. All Rights Reserved.