新鬼武者_再臨の解析情報。天井情報、設定判別

パチンコ・パチスロ機種情報

サイトマップ

トップページ> 新鬼武者_再臨

新鬼武者_再臨 -解析

☆基本情報☆

スロット台

安定感 D
瞬発力 A
爆発力 S
メダル持ち D
設定判別 ?
朝一狙い D
天井性能 S
ゲーム性難易度 A

※ S(良)→E(悪)で評価

AT(蒼剣ラッシュ)で出玉を増やすタイプ

★ART(蒼剣ラッシュ)概要★
・1SET:40G+α
・純増:2.8枚
・SET数+継続率にて管理
・レア子役等の成立で上乗せ抽選有

50枚平均ゲーム数:31G

設定 ART初当り 機械割
1 1/416.2 97.0%
2 1/394.6 98.7%
3 1/384.6 100.2%
4 1/334.7 104.4%
5 1/313.8 107.3%
6 1/288.7 114.4%

☆子役確率☆

☆ボーナス確率☆

☆打ち方☆

☆動画詳細☆

☆設定判別☆

☆設定変更時☆

☆総評☆

前作の鬼武者は絶大な人気を誇ったが今作は演出面はさほど変わらないが、
ゲーム性を大きく変えて登場!!

まず、ボーナス、ARTが無くなり、ATのみでメダルを増やす仕様となっている。
ボーナスを無くしたのは残念で仕方ないが、ATのゲーム性は楽しく、上乗せもそこそこしてくれる。AT継続率も最低50%以上あるのでそこそこの連荘も可能にしている。
一度ATを抜けても、128Gまでの引き戻し率は5割を超えるので更なる連荘も可能にしている。
また、上乗せ特化の 「桜花乱舞」に入れば万枚も夢では無い。

しかし、通常時の演出は、前作とさほど変わらず単調で物足りない気がする。
映像も特に変わらず残念なポイントである。

また、128Gを越えてからのAT突入率が極端に下がるので、この事が酷評の多い一番大きな理由であろう。
前作の鬼武者が好評だったのは、ボーナス確率とART突入率のバランスの良さ&ART中の上乗せバランスが良かったからだと思うので、そのゲーム性を根底から覆したのはメーカーとしてどのように考えているのか。最近はAT機が主流で、その波に乗っただけならガッカリである。

天井性能は相変わらず良いです。(89%ループ+次回天国モード確定)
天井や天国ゾーンに機械割をもっていかれているので、
天井狙い、ゾーン狙いに狙いを絞って打ったほうが無難かもしれませんね。

設定判別は今の所、詳細が出ていませんが、とりあえずはチャンス目で判別するのが良いでしょう。
また詳しい解析が分かったら公開します。

Copyright 2013  スロカイ. All Rights Reserved.