忍魂弐〜烈火ノ章の解析情報。天井情報、設定判別

パチンコ・パチスロ機種情報

サイトマップ

トップページ> 忍魂弐〜烈火ノ章〜

忍魂弐〜烈火ノ章〜 -解析

☆基本情報☆

スロット台

安定感 ?
瞬発力 ?
爆発力 ?
メダル持ち ?
設定判別 ?
朝一狙い ?
天井性能 ?
ゲーム性難易度 ?

※ S(良)→E(悪)で評価

ボーナス+ART(月光の刻)で出玉を増やすタイプ

★ART(月光の刻)概要★
・1SET:50G+α
・純増:1.7枚
・上乗せ特化ゾーン搭載
・レア子役等の成立で上乗せ抽選有

→詳しい情報はコチラ←

50枚平均ゲーム数:約?G

設定 ボーナス+ART 機械割
1 1/164.3 97.0%
2 1/154.5 98.5%
3 1/155.4 100.2%
4 1/140.9 104.4%
5 1/137.2 110.8%
6 1/116.4 116.3%

☆子役確率☆

☆打ち方☆

☆動画詳細☆

☆ボーナス詳細☆

☆設定判別☆

☆設定変更時☆

☆総評☆

(2013年6月30日現在)

いよいよ明日に迫った導入日。
7月〜8月にかけては『AKB』『緑ドン』等ビッグタイトルが多数控えている中、パチスロファン一番の期待機種がこの『忍魂弐』になるとされています。

まずはスペックを見て
ボーナス確率+ART突入率が設定@でも1/164.3と軽くマッタリ打てる仕様になっています。
(メダル持ちはまだ解析が出ていないので分かりませんが、そこまで悪くないと思う・・・)

この機種はボーナスよりもARTをメインにメダルを増やしていくマシンになります。
そのARTも上乗せ特化ゾーンが主に2種類存在『傑束ノ刻』『烈闘ノ刻』し、いずれも演出が大幅に異なり楽しめる。

レア子役は『チェリー』『スイカ』『チャンス目』の3種類で構成されているので、他の機種では空気的存在のチェリーでも約25%のボーナス期待値がある。

現在AT機が主流になっていますが、この機種が流行れば、またボーナス+ARTのオーソドックスなタイプが主流になるかもしれません。

Copyright 2013  スロカイ. All Rights Reserved.